ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

羽鳥湖

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年3月25日更新
羽鳥湖写真
 周囲16km、最大水深31.2m、総貯水量2700万立方メートルの人口湖。水不足に悩む矢吹ヶ原一帯のかんがい用及び発電用として、昭和31年に完成。
 鶴沼川をせき止め、約15年の歳月をかけて作られました。以来、村を代表する豊かな自然のシンボルとして親しまれています。「羽鳥湖」の名前の由来は、ダムを造るにあたってダムの底に沈んだ羽鳥集落からつけられています。
 現在では、サイクリングロードやキャンプ場など周辺に観光施設が整備されリゾートエリアとしても注目されています。