ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

天栄村のご案内

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年2月1日更新
アクセス略図観光名所の図
天栄村のアクセス略図です。
(図をクリックしてください)
天栄村の観光名所などの略図です。
(図をクリックしてください)

マップの番号をクリックすると、各観光名所へリンクします。

天栄村地図

1.羽鳥湖

 羽鳥湖は周囲16km、最大水深31.2mの人造湖として昭和31年に完成。村を代表するシンボルとして親しまれています。名前の由来は、ダムを造るにあたってダムの底に沈んだ羽鳥集落からつけられています。

羽鳥湖の写真

2.馬尾ノ滝

 水量の多い時は10数mもの大滝となりますが、普段は馬のしっぽのように数列になって流れ落ちることから、この名前がついたといわれています。

馬尾ノ滝の写真

3.天栄山

 天栄山(標高881m)は、村のほぼ中央に位置する山で、その昔、金山として採掘されていました。湯本村、牧本村、大里村、広戸村が合併し、天栄村が誕生した昭和30年に、この山にちなんで村の名前は名付けられました。

天栄山の写真

4.大白森山

 天栄村、西郷村、下郷町の三町村の境にそびえる標高1,642mの山です。本村の中では1番高い山で、北には小白森山がそびえ、四季おりおりの美しい風景を見せてくれます。

大白森山の写真

5.二岐山

 標高1,544mの二岐山は、毎年5月第2日曜日に山開きが行われ、シーズン中は多くのハイカーでにぎわいます。山頂からは天気がよければ、猪苗代湖方面などが一望出来ます。昔、大男がこの山をまたいだという伝説が残る山です。

二岐山の写真

6.明神滝

 湯本地区、赤石川の支流黒沢にかかる滝で、水量の多い時は滝つぼにしぶきが舞っています。滝の左岸頂上にある直立した大きな一枚岩の傍らには、宗像三神の一つといわれる田心姫命が祀られています。

明神滝の写真

7.小白森山

 標高1,563mの小白森山は、大白森山の北に位置しています。シーズン中は、大白森山、小白森山そして二岐山へとまたがる登山コースとして、ハイカーたちでにぎわいます。

小白森山の写真