ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 健康・医療 > 予防接種 > B型肝炎ワクチン定期接種化のお知らせ

B型肝炎ワクチン定期接種化のお知らせ

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月1日更新

B型肝炎ワクチン定期接種化のお知らせ

平成28(2016)年10月から、B型肝炎ワクチンが定期接種になります

B型肝炎対策は、これまで母子感染予防を中心に実施されてきましたが、近年では唾液などを介した水平感染が報告されています。このことから、平成28(2016)年10月1日から、B型肝炎ワクチンが定期接種に追加されることとなりました。

B型肝炎とは

B型肝炎とは、B型肝炎ウイルスの感染によるもので、一過性感染と持続感染があります。免疫が不十分な乳幼児期に感染すると、持続感染になり(ウイルスキャリア)、万が一発症した場合は、肝硬変や肝がんを引き起こす恐れがあります。

対象者

平成28年4月1日以降生まれた接種時に1歳未満のお子さん

※母子感染予防のために抗HBs人免疫グロブリンと併用してB型肝炎ワクチンを接種した場合は、健康保険が適用されるため、定期接種の対象外になります。

接種回数・方法

生後1歳になるまでの間に3回接種

※生後2か月に至ったときから生後9か月に至るまでの期間を標準的な接種期間として、27日以上の間隔で2回接種した後、1回目の接種から139日以上(おおよそ5か月以上)の間隔をおいて1回接種

接種費用

無料(全額公費負担)

接種場所

かかりつけ医等の県内医療機関(事前に医療機関に予約をしてください)

持ち物

(1)B型肝炎ワクチン予診票
(2)母子手帳(実施医療機関で予防接種の記録をします)
(3)保険証等(天栄村住民であることの確認のため)

平成28年4・5月生まれで、初めてB型肝炎ワクチンを受けられる方へ

1回目の接種から3回目の接種を終えるまでには、おおよそ半年間かかります。10月時点ですでに生後5~6か月が経過していますので、接種日程の管理が重要です。
※1歳を過ぎてからの接種は、定期接種の対象外となります。

定期接種の対象とならない1歳未満のお子さんへ

村では、平成27年度より、1歳未満のお子さんを対象に、任意のB型感染予防接種の助成事業を行っております。
平成28年度に限り、定期接種の対象とならない1歳未満のお子さん(平成28年4月1日以前生まれ)に対して、継続して任意接種の助成を行います。
助成を受けるには、接種前に申請が必要です。詳しくは、健康増進係(へるすぴあ)までお問い合わせください。