ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

国民年金について

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年2月1日更新

国民年金とは…

 国民年金とは、20歳から60歳までの現役世代が65歳以上の先輩たちの老後を支える世代間扶養を基礎とした「公的年金制度」で日本に住所のある人は、すべて国民年金の被保険者となります。

国民年金の被保険者の種類

第1号被保険者

自営業者やその配偶者・学生の方など、第2号被保険者・第3号被保険者に該当しない方

第2号被保険者

会社員や公務員などの方

第3号被保険者

第2号被保険者に扶養されている配偶者の方

第1号被保険者に変更になったときは住民福祉課または、湯本支所へ届出を!

 会社を退職したり、第3号被保険者が第1号被保険者になったとき(サラリーマンである配偶者が退職した時)、または20歳で学生の方などは、役場福祉課住民生活係又は、湯本支所まで届出をしてください。

受給できる年金は…

老齢基礎年金

年額:772,800円(平成26年4月分から)

保険料納付済期間、全額免除期間、若年者納付猶予期間、学生納付特例期間等を合算した期間が25年以上ある方が65歳から受給できます(繰上げもできます)

障がい基礎年金

年額:障がい基礎年金(1級) 966,000円(平成26年4月分から)
年額:障がい基礎年金(2級) 772,800円(平成26年4月分から)

国民年金の被保険者期間中に初心日がある疾病で一定以上の障がいになり、一定以上の納付期間を満たしている方が受給できます。

遺族基礎年金

金額:1,020,000円(年)
*例 妻792,100円+子1人(18歳未満)227,900円

国民年金の被保険者で一定以上納付要件を満たしている方、または老齢基礎年金の受給資格期間を満たしている方が死亡した時、その方の子または子のある妻が受給できます。

国民年金の保険料

日本年金機構から送付される納付書により納付します。金融機関、コンビニ等で納付できます。
まとめて納めたり、口座振替にすると保険料の割引があります。

※平成26年度は、月額15,250円です。

※平成27年度は、月額15,590円です。

納付方法

  1. 毎月納付…現金納付・翌月末口座振替ができます。
  2. 毎月振替【早割あり】…当月分を当月末に口座振替します。
  3. 6ヶ月前納【早割あり】…現金納付と口座振替ができます。
  4. 1年分前納【早割あり】…現金納付と口座振替ができます。

 

免除制度について

(1)第1号被保険者で、所得が一定以下の方や天災、失業等の理由により保険料を納めることが困難な方には、申請して承認されれば保険料が免除になる制度があります。
 保険料免除(全額免除・一部納付)は被保険者本人だけでなく、配偶者及び世帯主の所得も含めて保険料免除になるか判定します。
 なお、失業等により保険料の納付が困難なときは、雇用保険受給資格者証、雇用保険被保険者離職票などが必要です。  

(2)30歳未満の第1号被保険者の方には、所得の基準は全額免除と同じですが、本人と配偶者のみで判定される若年者納付猶予制度があります。
 
(3)学生の方には、本人の前年所得が141万円(社会保険料控除額を考慮したおおよその目安です)以下の場合、承認されると保険料納付が猶予される「学生納付特例制度」があります。
 学生証か在学証明書(写し可)をお持ちになり、申請してください。
 なお、各種学校に在学する場合は、修業年数が1年以上の過程であることを証明する書類をお持ちください。 

 ※(2)及び(3)の期間は将来の老齢基礎年金の受給資格期間に算入されますが、年金額には反映しません。
  また、納付を猶予された期間から10年以内に追納すると、通常に納付したのと同じことになります。(猶予の承認を受けた期間の翌年度から起算して、3年度目以降に追納しますと、当時の保険料額に経過期間に応じた加算額が上乗せされます。)

年金に関する各種お問い合わせ

「ねんきん定期便」「ねんきんネット」「ねんきん特別便」について、わからないことや疑問な点は…

【ねんきん定期便・ねんきんネット専用ダイヤル】
電話番号:0570-058-555
(月曜日~金曜日:午前9時~午後8時まで)
(第2 土曜日:午前9時~午後5時まで)

※祝日、12月29日~1月3日は、ご利用いただけません。

一般的な年金相談に関するお問い合わせは…

【ねんきんダイヤル】
電話番号:0570-05-1165
(月曜日~金曜日:午前8時30分~午後5時15分)
※ただし月曜日(月曜日が休日の場合は火曜日)は午後7時00分まで受付
第2土曜日:午前9時30分~午後4時00分

※祝日、12月29日~1月3日は、ご利用いただけません。

日本年金機構 郡山年金事務所

(平成22年1月1日より、これまでの社会保険事務所から名称が変更になりました)
年金に関するご相談:024-932-3434

おかけ間違いのないようご注意ください。