ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

天栄保育所について

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年2月22日更新

 保育所は、児童福祉法に基づき、保護者の就労や疾病などの理由により、その家庭で十分に保育できない(保育の必要性がある)場合に、乳幼児を保育することを目的とする児童福祉施設です。

 空き状況や見学希望、保育所の生活のことについては天栄保育所(電話:0248-82-2275)へお問い合わせください。

天栄保育所(写真)

保育所名 天栄保育所
住所 天栄村大字牧之内字膳棚12番地
電話

0248-82-2275

保育入所要件

 保育所への入所は、児童の保護者が下記の保育できない(保育の必要性がある)事由に該当し、「天栄村教育・保育支給認定」をうけた「2号または3号支給認定児童」である場合に保育所への入所を認めています。

  1. 居宅内外で労働することを常態としていること
  2. 妊娠中であるか又は産後間がないこと 
  3. 疾病にかかり、若しくは負傷し、又は精神若しくは身体に障がいを有していること
  4. 同居の親族で長期にわたり疾病の状態にあるもの、又は精神もしくは身体に障がいを有するものを常時介護・看護していること
  5. 震災、風水害、火災その他の災害の復旧にあたっていること
  6. 求職活動を行っていること(保育の期間は90日間に限られます)
  7. 学校(職業訓練校を含む)に通学していること
  8. DVまたは虐待のおそれがある
  9. その他村長が前各号に類すると認める状態にあること

【保育の必要量】
 認定を受けた方は、保育の必要量によって2つの区分に分けられ、保育所の利用可能時間が異なります。 
・保育標準時間…保護者の就労時間が父母ともに1か月で120時間以上の方など。保育所を最長11時間利用できます。
・保育短時間…保護者の就労時間が1か月で48時間以上120時間未満の方や、求職中の方など。保育所は8時間の利用に限られます。

保育所入所選考基準表 [PDFファイル/178KB]

対象年齢

0歳児(生後6か月以上)~就学前

保育時間

<保育時間>
午前7時30分から午後6時30分

<休日>
日曜日、国民の祝日に関する法律に規定する休日、12月29日から翌年の1月3日までの日

入所手続き

 保育所の入所を希望される場合は、次のものを揃えて、住民福祉課で入所の申込み手続きをしてください。ご提出いただいた書類の審査と面接を行い、保育所入所の承諾(または、不承諾)を行います。 

 提出書類については郵送にてご自宅に送付することも可能ですので、ご希望される場合には住民福祉課福祉係へお問い合わせください。

提出書類

  1. 天栄村教育・保育給付支給認定申請書
  2. 保育所入所申込書
  3. 保育の必要性を証明する書類(雇用証明書、自営業申立書等)
  4. 入所児童の病院の診断書

保育料(利用者負担額)

 保育料は、児童の年齢、保護者または、同居されている方の市町村民税課税状況などにより、下記の保育所利用者負担額表に基づき決定します。
 なお、第2階層から第6階層に認定された世帯が、ひとり親世帯、障がい児(者)世帯などに該当する場合や、同一世帯において小学校就学前までの範囲内にある子どもが同時に入園や入所している場合などは、保育料の算定方法が変わります。

  1. 階層区分は、入所児童と同一世帯に属して生計を一にしている父母及びそれ以外の扶養義務者(家計の主宰者である場合に限る)の市町村民税の所得割額を基礎に算定し認定します。
  2. 所得割額算出については、住宅借入金等特別控除、配当控除、外国税額控除、電子証明書等特別控除などの適用はありません。
  3. 4月から8月までの利用者負担額は前年度の市町村民税の所得割額、9月から3月までは当年度の市町村民税の所得割額により算定となります。
  4. 保育料の納入は、月ごとに毎月25日までに納入していただきます。
  5. 令和元年10月からの幼児教育・保育の無償化により、0~2歳のうち住民税非課税世帯の保育料は0円となります。また、3歳以上の保育料は0円となります。ただし、当該年度当初の年齢を基準とします。

<保育所利用者負担額表>

(単位:円)※年齢は年度当初の年齢を基準とします
各月初日の入所児童の属する世帯の階層区分

利用者負担額(月額)

上段:保育標準時間
下段:保育短時間

階層区分 定義 3歳未満 3歳以上
第1階層 生活保護法による被保護世帯(単給世帯を含む)

0

0

0

0

第2階層 第1階層を除き、当該年度分の市町村民税非課税世帯

0

0

0

0

第3階層 第1階層を除き、当該年度分の市町村民税課税世帯のうち、均等割のみ課税されるもの

9,400

9,200

0

0

第4階層 第1階層及び第3階層を除き、当該年度分の市町村民税課世帯であって、
その所得割の額が次の区分に該当するもの
48,600円未満

12,000

11,800

0

0

第5階層 48,600円以上
59,000円未満

15,000

14,700

0

0

第6階層 59,000円以上
79,000円未満

17,000

16,700

0

0

第7階層 79,000円以上
97,000円未満

22,000

21,600

0

0

第8階層 97,000円以上
169,000円未満

25,000

24,600

0

0

第9階層 169,000円以上
301,000円未満

27,000

26,500

0

0

第10階層 301,000円以上
397,000円未満

30,000

29,500

0

0

第11階層 397,000円以上

45,000

44,300

0

0

<同一世帯から、幼稚園及び保育所にあわせて2人以上同時に入所する場合>

※就学前までの子どもの数

保育料
第1子 第2子 第3子
全額 半額 無料