ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

村の紹介

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年1月11日更新

村章

村章 

「てんえい」の“て”と“ん”を図案化したもので、丸い形は村民の融和・円満と平和を意味しています。また、円の中心の白地は羽鳥湖、“ん”は村のシンボル二岐山をあらわし、村の森と湖の自然、そして村の限りない躍進を象徴しています。

プロフィール

 本村は、昭和30年に湯本村、牧本村、大里村、広戸村が合併し、現在の天栄村となりました。名前は村の中央部の天栄山に由来しています。自然条件は分水嶺をなす鳳坂峠を境に区分され、東部は降雪が少ない太平洋側気候で、阿武隈川支流釈迦堂川、竜田川の河川沿いに耕地が拓けています。西部は冬期間最大2mにも及ぶ日本海側気候で、那須連山の山間にあっては地勢は急峻で、この地域の90%が山林原野となっています。

村の花りんどう村の木 まつ村の鳥 うぐいす村の木 えんじゅ
村の花 りんどう        村の木 松        村の鳥 うぐいす      村の木 えんじゅ