ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 税金 > 固定資産税 > 土地・家屋・償却資産の評価方法について

土地・家屋・償却資産の評価方法について

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年2月1日更新

土地

固定資産評価基準に基づき、地目別に定められた方法で評価します。

 平成6年度の評価替えから、宅地の評価は、地価公示価格の7割を目途に評価の均衡化・適正化を図っています。 平成18年度の評価替えでも、引き続き、評価の均衡化・適正化を推進しています。

1.地目

地目は、宅地、田及び畑(=農地)、鉱泉地、池沼、山林、牧場、原野及び雑種地をいいます。 固定資産税の評価上の地目は、土地登記簿上の地目にかかわらず、その年の1月1日(賦課期日)の現況の地目になります。

2.面積

面積は、原則として土地登記簿に登記されている地積になります。

3.価格(評価額)

価格は、固定資産評価基準に基づき、実売・実例価格を基に算出した価格を基礎として求めます。

家屋

同様の家屋を新築した場合に必要とされる建築費(実際に支払った請負額とは異なります)を基礎に、建築後の経過年数に応じた減価を考慮して評価します。

1.新築価格の評価

評価額=再建築価格×経年減点補正率

〇再建築価格?
評価の対象となった家屋と同一のものを評価の時点において、その場所に新築するものとした場合に必要とされる建築費です。

〇経年減点補正率?
家屋の建築後の年数の経過によって生ずる損耗の状況による減価等を表したものです。

2.新築家屋以外の家屋(在来分の家屋)の評価

評価額は、新築家屋の評価と同様に求めますが、その価額が前年度の価額を超える場合は、通常、前年度の額に据え置かれます。
(なお、増改築、又は損壊等がある家屋については、これらによる価額を増額、又は減額します)

償却資産

取得価格を基礎に、取得経過年数に応じた減価を考慮して評価します。

 評価額
前年中に取得した資産取得価格×(1-R×1/2)
前年前に取得した資産前年度評価額×(1-R)

※R=耐用年数に応じた減価率(下表)

耐用年数による減価率表

耐用
年数
減価率耐用
年数
減価率耐用
年数
減価率耐用
年数
減価率耐用
年数
減価率耐用
年数
減価率
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
0.684
0.536
0.438
0.369
0.319
0.280
0.250
0.226
0.206
0.189
0.175
0.162
0.152
0.142
0.134
0.127
0.120
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
0.114
0.109
0.104
0.099
0.095
0.092
0.088
0.085
0.082
0.079
0.076
0.074
0.072
0.069
0.067
0.066
0.064
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
0.062
0.060
0.059
0.057
0.056
0.055
0.053
0.052
0.051
0.050
0.049
0.048
0.047
0.046
0.045
0.044
0.043
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
0.043
0.042
0.041
0.040
0.040
0.039
0.038
0.038
0.037
0.036
0.036
0.035
0.035
0.034
0.034
0.033
0.033
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
0.032
0.032
0.032
0.031
0.031
0.030
0.030
0.030
0.029
0.029
0.028
0.028
0.028
0.027
0.027
0.026
0.026
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
0.026
0.026
0.026
0.025
0.025
0.025
0.025
0.024
0.024
0.024
0.023
0.023
0.023
0.023