ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

二岐山

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年3月25日更新
二岐山
大男がこの山をまたいだという伝説が残る標高1,544mの村のシンボル。山頂は、一面のシャクナゲ群生地としても知られています。シーズンとなると、シャクナゲとブナとあすなろの原生林を求め、多くのハイカーで賑わいます。

山開き

毎年5月の上旬に山開きがあり、多くのハイカーで賑わいます。
男岳山頂付近では、アマズシャクナゲ、サラサドウダンなど数多くの高山植物が群生と、眼下に羽鳥湖高原一帯が眺望できます。
また、天候に恵まれれば、飯豊連峰や磐梯山、猪苗代湖、那須連峰までが見渡せます。