ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
天栄村
文字サイズ 背景色 音声読み上げ ふりがな

キーワードでさがす

防災情報

トップページ > 組織で探す > 産業課 > 農地法に係る手続きについて

農地法に係る手続きについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年7月1日更新

農業委員会より

農地法第3、4、5条等農地法の手続きについて

・3、4、5条申請受付締め切り日:当月の委員会へかける際には、前月の10日まで(10日が、土、日、祝日の場合については、10より前に提出くださいますようお願いいたします。)

(1)(1)農地の売買・貸し借りには、許可が必要です。(農地法第3条)

・農地を農地として売買、貸し借りをする場合には、農地法第3条により農業委員会の許可が必要となります。これは、資産保有等の「耕作しない目的」での農地の取得等を規制し、引き続き農地を耕作していく方へ委ねることを目的としています。

申請様式

農地法第3条の許可申請書 [Excelファイル/103KB]

農地法第3条許可申請書PDF [PDFファイル/434KB]

農地法第3条許可申請書記載例 [PDFファイル/575KB]

必要書類

3条許可申請書、土地の登記簿謄本

(農業委員会窓口へ、1部提出)

 

 (2)農地を相続等する場合には、届け出が必要です。(農地法第3条の3第1項の規定による届出)

・農地相続等により農地を取得する場合には、農地法第3条3第1項の規定により農業委員会への届け出が必要となります。

申請様式

3条の3第1項様式(相続等の届出)_記載例あり [Excelファイル/22KB]

農地法第3条の3第1項の規定による届出書PDF [PDFファイル/66KB]

農地法第3条の3第1項の規定による届出書記載例 [PDFファイル/62KB]

必要書類

農地法第3条の3第1項の規定による届出書、登記完了証、被相続人と届出人の関係性が確認できる書類

(農業委員会窓口へ、1部提出)

 

(2)農地の転用には、許可が必要です。(農地法第4条、5条) ※村委員会を通して、福島県への申請となります。

・農地の転用とは、農地を住宅等の建物や駐車場、資材置き場、山林などの用地にすることです。農地所有者自らが、転用を行う際には、4条の許可申請を、農地を所有していない方が、農地を転用目的で購入または、借りる際には、5条の許可申請が必要となります。また、許可申請を行わず無断転用した場合には、厳しい罰則、現状回復等の是正指導が行われる場合もあります。

(国との協議が必要な場合:転用面積が4haを超える場合)

申請様式

4条許可申請書 [Excelファイル/55KB]

4条許可申請書PDF [PDFファイル/240KB]

5条許可申請書 [Excelファイル/32KB]

5条許可申請書PDF [PDFファイル/273KB]

必要書類

4条または5条の許可申請書、事業計画書、転用候補地一覧表、土地の登記簿謄本、位置図、案内図、公図、土地利用計画図、預金残高証明書または通帳の写し等、資金計画書、その他書類(事業主が、法人の場合は、定款、法人登記簿等の添付が必要です。)

(農業委員会窓口へ、各2部ずつ提出)

 

(3)農地を農地から除外する場合は、非農地証明が必要です。

・非農地の証明とは、登記薄の地目が農地(田、畑)であるのに、現況が農地以外の山林や原野等になっている土地について、一定の条件を満たした場合のみ農業委員会の判断で、非農地であることの証明を交付します。(現況確認証明申請書)

申請様式

現況確認証明申請書 [Wordファイル/16KB]

現況確認証明申請書PDF [PDFファイル/25KB]

現況確認証明申請書記載例 [PDFファイル/34KB]

必要書類

現況確認証明申請書、案内図、土地の登記簿謄本、現況の写真、公図、非農地化した経過を示す資料、承継関係を確認できる資料(証明申請者が、敬承人等の場合)

(農業委員会窓口へ、各2部ずつ提出)

 

ふたまたぎつね

〒960-0503 福島県岩瀬郡天栄村大字下松本字原畑78番地
代表電話:0248-82-2111 代表FAX:0248-82-2718

地図
ページの先頭へ