ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

天栄村水道施設のご案内

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年2月1日更新

天栄村水道には浄水場が無い・・・!?

 そう、天栄村の水道には浄水場がありません。
多くの水道水は、河川や湖沼の水を飲み水として採取しています。
これらの水はどんなにきれいに見えても、細かいゴミや細菌など多量の不純物が混じっているため、浄水場で処理をして飲料水としているのです。
 天栄村の水道水は、原生林の奥深く山の峰付近より湧きでる湧水を水源としています。
 まさにVirginMineralWaterそのもの、豊富なミネラル以外の混入物はありません。
水道供給の安全上、最低限の塩素で消毒を施して各家庭に届けています。
 「おいしい・・・」当然ですね・・・

第7水源付近清流の写真
第7水源付近清流

ブナの古木の写真
(第10水源)
大きなブナの古木(周囲4.5m)の下から湧き出る水を、
そのまま各家庭に届けています。

10箇所の水源から、集められた水は4箇所の配水池に蓄えられます。
10箇所の水源(うち井戸1箇所)があり、合計で3,320m3/日の能力があり、これは、住民(6,000人として)1人当たり553リットル/日にあたります。

天栄村水道の配水管経路図

配水池について

牧之内字竜生地内に1池(第1配水池 740m3)、上松本地内に1池(第2配水池 630m3)、大里地内に1池(第3配水池 630m3)、飯豊地内に1池(第4配水池 176m3)があります。
これらの外、竜生に減圧井(第1減圧井 614m3)があり、合計で2,790m3の水が蓄えられています。
(天栄村水道の使用量の約1日分にあたります。)

配水池の供給量と消費量
供給量 計画取水量 3,320m3/日
 30年度取水量888,852m3(2,442m3/日) 30年度給水量 503,512m3(1,383m3/日)
消費量

住宅用:362,594m3(993m3/日)
団体用:33,500m3(92m3) 
営業その他用:54,861m3(150m3/日)
合計:450,955m3(1,235m3/日)